広島 福山市 整体 【食べ過ぎてない?血糖値の異常は色々こわい・・・】

   

yuya kawamura

FROM 河村悠矢
福山のデスクより、、、

本日もルリアン整体院の
ブログをご覧いただき、
ありがとうございます。

あなたは血糖値が
体調不良や腰痛に
関係することを
ご存知ですか?

あなたが普段、
何気なく口にするものが
実は、体調を左右しているとしたら
それは危険だと思いませんか?
今日は、血糖値について
お伝えしたいと思います。

血糖値とは?

血糖値とは、
血液の中に存在している
ブドウ糖の量を言います。
この血糖値は、
ある一定の量で
普段は保たれているのですが、
体に異常があれば、
高い状態や低い状態になってしまい、
病気の可能性が考えられたりします。

血糖値を下げる“インスリン”

食後の血糖値は上昇します。
これは、食事によって
糖が取り込まれるためです。
正常であれば、
この上昇した血糖値を
インスリンというホルモンの作用によって
細胞に運ばれていきます。
その結果として、
一度上昇した血糖値も
正常範囲に戻るというわけです。

インスリンを分泌する膵臓(すいぞう)

体内の血糖値を下げる仕組みは、
唯一、インスリンの働きのみです。
そして、インスリンを分泌するのが、
膵臓という臓器です。
膵臓は、その他にも
消化酵素を多く出したりします。
消化酵素とは、
消化するために必要となる、
液体のことを言います。

つまり、食べ物を多く食べたり、
甘いものを多く食べる方は、
この膵臓が疲労しやすくなります。

膵臓疲労が背中のハリに

膵臓は、横に細長く存在します。
そして、お腹側ではなく、
背中側に存在しています。
そのため、膵臓が疲労すると、
首、肩、背中、腰などの
背面の痛みに繋がります。

また、女性であれば、
生殖器に影響を与え、
生理痛や下肢への問題に
繋がる場合もあります。

血糖値を考慮する

血糖値は、
甘いものだけではなく、
糖質の高いものに比例して
高くなります。
つまり、主食となる、
白米、うどん、パン、パスタなどは
血糖値が急に上昇してしまう
恐れがあるのです。
その指標となるのが、
GI値
(グリセミック・インデックス)
です。

このGI値は、
血糖値の上昇率を
数値化した値になるため、
“低ければ低いほど良い”
というわけです。

インスリンを最低限に

現代人は、栄養過多によって、
様々な問題が生じています。
そしてそのほとんどが
糖質過多とも言えるでしょう。

また、こわいのは、
急な血糖値の上昇の後に来る、
急な低血糖状態です。
ここで多くの人は
また血糖値を上昇させようと
お腹が空いたように感じますが、
これが糖質の中毒性ですから、
体をドンドン蝕んでしまいます。

すぐにキレてしまったり、
集中力が持続しない子どもたちも
この現象が起きているため、
あなたが親の立場であれば、
配慮しなければならないでしょう。

いかがでしたか?
ダイエットができない場合や、
無性にお腹がすく場合などは、
我慢が足りないのではなく、
こういったことが
起きている可能性がありますから
是非とも注意してみて下さいね。

本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

P.S.

食べ過ぎてないですか?
(後々になって、
体が悪くなることも知らず・・・)

既に悪い方は、
おはやめにご来院ください。

↓↓↓

http://wp.me/P7wnBi-i

ールリアン整体院
河村 悠矢

 お問い合わせはこちら

 - 健康法, 婦人科系疾患, 整体, 肩こり, 腰痛, 膝痛, 院長の整体ブログ , , , , , , , , , , ,