生活の乱れが原因?年々増える子宮内膜症について

      2016/12/18

444086FROM 河村悠矢

女性のあなたがもしも、
生理痛がだんだんとひどくなってきているようなら、
はやめに対策をとるべきです・・・
それはなぜか?というと、
子宮内膜症の可能性があるからです。

子宮内膜の役割

本来、子宮の内膜は、赤ちゃんのベッドとなるものです。
硬くて薄いベッドよりも、
ふかふかで柔らかいベッドの方が
居心地がいいのは容易に想像できるでしょう。

女性は妊娠するために毎月毎月、
同じ周期で妊娠する準備をします。
周期を構成するのはホルモンの役割であり、
このホルモンの働きによって、
内膜は普段よりも厚みを増し、
受精卵を着床しやすくします。
月に1度、このようなことが行われていますが、
妊娠しなければ内膜は古くなってしまうため、
自ら剥がして捨て、また新たな内膜を作り、
妊娠の準備をするというサイクルを常に行っているのです。

子宮内膜症とは一体何か?

上記のように、子宮内にある内膜は、
月に1度古くなったものを剥がして捨てる
ということが行われますが、
この内膜を剥がして捨てるという働きが、
子宮以外の臓器に増殖してしまう病気のことを
子宮内膜症と言います。

主には3040代の女性に多く見られますが、
いまでは20代の方にもみられ、非常に多くの方が悩んでいます。

子宮内膜症の特徴とは?

50年間で、3倍もの数の
患者様が増えていると言われる子宮内膜症。
主な特徴は、
生理痛がだんだんとひどくなることや、
その痛みが日常生活に
差し支えが出るほどの痛みであること、
月経過多になることや、
排尿痛があることなど、
様々な症状があります。
目安としては月経血が増え、
生理痛が以前に増してきた場合、
もしかしたら子宮内膜症?と疑いましょう。

慢性腰痛も子宮内膜症が関係していた?

生理痛だけではありません。
子宮内膜症になると、腰痛を引き起こす場合もあります。
もしもあなたが整形外科や、接骨院、
その他の治療法を様々試してみたにも関わらず、
良くならない腰痛は、
もしかしたら、子宮内膜症かもしれません。
普通に治療をしても一向に治らないはず、ですよね。
ですが、このように内臓が関係した腰痛は、
決して珍しいものではないのです。

次回は子宮内膜症の予後について
詳しくお伝えしたいと思います。
本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました(^^)


まとめ

月経は妊娠をするための準備である。

子宮内膜は赤ちゃんにとってのベッド、

新しく厚みのある内膜が着床に好ましい。

妊娠しなかった場合、内膜を新しくするために剥がして捨てるのが月経。

子宮内膜症とは、子宮以外の部分が剥がれてしまうこと。

 - 疾患, 腰痛, 院長の整体ブログ , , , , , ,