全身を施術しなければならない理由。筋編

      2016/12/18

みかん

 

FROM 河村悠矢

今回は、やや専門的なお話になりますが、

施術の意味や、専門用語の解説を

例え話を用いて、お伝えさせていただきます。

今までは、「なんとなく」だったことが、

読み終えることで、理解できるかと思います。

そして、みかんの意味も・・・笑

全身を施術しなければならないことに関して、

まずは、絶対的な理由をお伝えします。

 

その理由は・・・

その部分に原因はないからです。

 

はっきりと言います!(大切なので・・・)

 

痛みの部位と原因の部位は違います。

 

これはどういうことなのかと言いますと、

何かの問題が起こった結果、痛みが発生しますが、

問題が起きている部位は、痛みがある部位ではないのです。

(切ったり、腫れたりしてる場合は別ですが・・・)

 

「腰が痛いから、腰揉んで〜」

「肩凝ったから、肩揉んで〜」

 

これでは良くならないということです。

 

これは、何かと言いますと、

筋肉自体が影響しているのではなく、

その周りを包んでいる、筋膜が影響しているからなのです。

そしてこの筋膜は、全身を覆っている、タイツ”です。

タイツにシワができると、その分、どこかが引き伸ばされますが、

この引き伸ばされた場所が痛みだとすれば、どうでしょう。

シワを伸ばせば良くなるとお分かりですよね。

 

実は、この事実に気づくことなく、

引き伸ばされた部位(痛みのある部位)ばかり、

マッサージを受けることによって、

筋肉はドンドン怯えてしまいます。

筋肉は臆病者なので、優しく扱わなければ、すぐに萎縮してしまうのです。

さらに硬くなってしまった筋肉をどうにかしようと、

電気を当てて・・・温かくして・・・など行いますが、

そもそも、そこが原因ではないわけですから、すぐ元に戻ります。

 


 

もう少し、詳しいお話をするとしましょう。

実は、この筋膜は、身体の内部にも存在しています。

そして、このこともお伝えいたします。

 

実は、内臓も筋肉で出来ています。

 

だとすると、もうお分かりのこととは思いますが、

内臓の筋膜も調整できるに、越したことはないのです。

そして、内臓の筋膜が肩や腰などの一般的な痛みに

影響することは、非常に多いのです。

 


 

「定期的に通っていただくことで戻らなくなります!」

 

そう言われて、どれくらいの時間が経ちましたか?

それでもあなたは、変われるとお考えですか?

最後にこれだけは、言わせてください・・・

 

整骨院に毎週のように通っているあなた

マッサージを受けなければ、やっていけないあなた

 

お金と時間を無駄にしないでくださいね。

 

P.S.みかんの意味、わかりましたか?

皮=人間でいうと皮膚

薄皮=筋膜

果肉=筋肉

とイメージして頂くと分かりやすいかなと思います。

 


 

まとめ

全身は、タイツのような“筋膜”でつながっている。

筋膜(タイツ)のテンションのバランスが、問題を引き起こす。

筋膜(タイツ)のシワを戻せば治るものの、

引き伸ばされた部位ばかりを伸ばそうとする。

内臓も筋肉で出来ている。つまり、内臓にも筋膜がある。

筋肉は臆病者なので、優しく扱うことが大切。

 

 

 - 施術について, 疾患, 腰痛, 院長の整体ブログ , , , , ,