ストレッチをすれば、腰痛は治るのか?

      2016/12/18

adb1ae375143d475709b2bee5836197c_s

FROM 河村悠矢
福山のデスクから、、

あなたの身体の柔軟性は、
いかがですか?硬い、柔らかい、人並・・・
と様々方がいらっしゃることでしょう。
その中でも、
『腰痛は、身体が硬いからなるものだ!』
『だから、ストレッチが大事なんだ!』
そう思う方もたくさんいらっしゃると思います。
昨日の筋トレに引き続き、
今日は、ストレッチが腰痛に
どのような関係性があるのかを
考えていきたいと思います。

とにかく必死でストレッチ

ストレッチは、
“とにかく伸ばすもの”
だと思っていませんか?
よく、痛気持ちいい(痛さと心地よさの両立?笑)
ところまで伸ばさないと
意味がないと聴いたりしますが・・・
あなたはいかがでしょうか?

はっきり言いますが、
これだけで治ることはほぼありません。
もちろん、適度にストレッチを行うことで、
血流が良くなったりはするでしょう。
しかし、従来のストレッチでは、
腰痛の原因部位を改善することは難しいのです。

筋膜ストレッチ、筋膜リリース

巷で話題の『筋膜』について、
あなたはご存知でしょうか?
肩こりや、腰痛は、
この筋膜が影響しているのではないか
と言われており、メディアにも多く出始めています。
その多くが、筋膜ストレッチや
筋膜リリースといった方法で紹介されています。

では、この方法はどうなのか?という、
ただのストレッチよりは
優れていると思いますので、
セルフケアにはオススメできます。

「ストレッチ=腰痛は治る」とは言えない

腰痛のあなたは
病院や整骨院などで
勤務しているセラピストに、
「ストレッチが足りていない」
「もっとストレッチをしてください」
と言われるのではないでしょうか?
もちろん、この言葉は色々な立場で
発言しているのはわかっていますから、
否定することは全くしません。
ただし、この言葉を聞いたあなたは
「ストレッチ=治る」と思っているのであれば
それは間違っています。

その原因は何か?

腰痛になる多くの方は、
大腰筋と呼ばれる筋肉が非常に硬く、
臀部の筋肉が硬く・・・
とまあ筋肉自体の硬さはあります。

しかしながら、その硬さは
「何が原因なのか?」はわかりませんよね?
多くのセラピストでさえも
勘違いしている場合がありますので、
腰痛のあなたにわからないのは
当然のことだと思います。
この原因の追究こそ、
最も最短で最良の結果を生む、
つまり、腰痛を改善できるカギなのです。

ですから、
「筋肉が硬いから伸ばす」という
ストレッチのみの考え方では、
改善には限度があり、
あくまで対処でしかありません。

まとめると、、、

・ストレッチは筋膜へのアプローチが良い
・改善できるとは言い切れない
・ストレッチは対処であるが
やらないよりやったほうがいい

という内容です。

〇〇と腰痛のことの関係について、
何か面白い案があればコメントください。
あなたの意見を参考に更新していきます。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

P.S.
今だけ10月31日まで特別なご案内がありますが、、

気になる方は↓↓↓
http://wp.me/P7wnBi-i

ー河村 悠矢

 お問い合わせはこちら

 - 腰痛, 院長の整体ブログ , , , , ,