腰痛ってすごく大変、、

      2016/12/18

腰痛

FROM 河村悠矢

今回は、腰痛についての記事を書きたいと思います。

近年、腰痛をお持ちの方は多くいます。

あなたがこの記事を読まれているということは、

現在、腰痛をお持ちであるか、

過去に腰痛で悩まされた経験があるからだと思います。

腰痛といえども、背中に痛みがある場合もありますし、

お尻の辺りに痛みがある場合もあり、

前に屈むことによって痛む場合もあれば、

後ろに反ることで痛む腰痛もありますので、

人によって痛みの部位、痛む動作、痛みの原因は

千差万別であります。

今回のテーマである“腰痛ほど不自由なものはない”

という言葉ですが、

これは私の実体験です。

私自身、学生時代は野球をやっていましたが、

中学生の時に、腰痛を発症しました。

ご存知ではないかもしれませんが、

この時に、「腰椎分離症」を発症、

現在も、持病として持っています。

腰椎分離症というのは、本来は骨が支えている部位が、

骨折していることで、その場所が不安定になる

中学〜高校のスポーツ選手にとても多い疾患です。

一般的には、それ自体の痛みは初期の時だけあり、

慢性化すると、痛まなくなるみたいです。

私自身、実際のところは、初期に激痛があり、

歩くのでさえ辛かった時期がありました。

もちろん、野球はできませんでした。

 

その後、医療の勉強を始めると共に、

様々な治療法や、改善法と出会って、

たくさんたくさん実践しました。

「腰痛は〇〇すればいいよ」と言われること、

ほとんど試しました。

腰痛は、今でもたまに痛むことがあります。

長い時間を歩くことが原因の場合も、

長い時間、座っていることが原因の場合もあります。

しかし、今ではあることを行うことで、

腰痛に悩ませることは無くなりました。

 

その方法、知りたいですよね??

 

それは、「痛みが出そうな時に、

セルフケアを徹底して行う」ということです。

簡単に言うと、予防です。

体の状態というのは、自分が一番わかります。

わからない方も中にはいらっしゃいますが、

それは感覚が鈍っている可能性があります。

すぐに痛みを感じる方、

体調や気温・季節に敏感な方は、

体の状態はいいのだと思ってください。

逆に鈍っている方・・・

注意が必要になります。

体は気付かないうちに、

損傷を繰り返しているかもしれません。

 

最後になりましたが、

「具体的なセルフケアの仕方は?」と思われることでしょう。

それはまたの機会にお伝えいたします。

(この場で書くと、長すぎる内容のため・・・)


まとめ

多くの方が腰痛を抱えている。

私自身が腰痛だった。

実体験をもとに言えることは、

予防が一番大切だということ。

 お問い合わせはこちら

 - 疾患, 腰痛, 院長の整体ブログ , , , , ,