アメリカの人工芝に・・・

   

shiba

FROM 河村悠矢

今回はニュースで取り上げられていた問題について、

記事にしたいと思います。

その内容とは、アメリカの人工芝に

発ガン性物質が含まれている可能性がある

というものでした。

日本でも多くの場所で普及している、人工芝・・・。

現在の日本では、

2700もの施設があり、年200施設ずつ増えているみたいです。

確かに便利で、見た目もキレイなものではありますが、

問題は、その中に含まれている黒ゴムチップが健康に被害を及ぼすというものです。

黒ゴムチップは、廃タイヤからつくられ、様々な化学物質が含まれています。

その廃タイヤから作られる黒ゴムチップが、劣化することによって、

粉状になり、それが空気中に舞うことによって、

呼吸の際に、体内に取り込まれているみたいです。

アメリカでは数年前からメディアに取り上げられ、

問題になったいるとのことでしたが、

現在もなお、研究中とのことでした。

日本のメーカーは、

「健康被害の報告はされていない・原材料の検査をしている」

とは言っていますが、果たしてそれが本当かどうかは、疑わしいところです。

報道では、アメリカのサッカー選手のうち、37人がガンになっており、

そのほとんどがゴールキーパーとのことでした。

ゴールキーパーは地面との距離がプレーの際に近いため、

体内に入るリスクが高くなることが原因です。

事実、たまたまではあると思いますが、

1週間のうち、4人がガンで運び込まれ、

その4人がゴールキーパーだったという話もあります。

これほどまでに、偶然で起きたとは言えない事実があると

日本でいくら被害が報告されていないとはいえ、

心配せざるをえない状況です。

現在、日本はガン患者の方が非常に多くなっています。

確率としては、2人に1人がガンになります。

4人家族であれば、2人がガンです。

この現実をあなたは受け止められますか?

先進国のうち、ガン患者が増加しているのは

世界で日本だけ、です。

「国産がいい、中国産が悪い。」

そうとは言えない状況だということも知っておいてください。

あなたがあなたの体を守るためには

知識を身につける以外、何もありません。

そして、正しい選択が望まれます。

私たちが考えている以上に、世の中には

ガンになってしまうリスクがたくさん溢れています。

今回は、細かくお伝えすることはしませんが、

今後もあなたが健康に生きていくために

必要な知識を身につけていただくコンテンツを

お伝えさせて頂きますので、

今後も活用して頂ければと思います。


まとめ

人工芝の黒ゴムチップに発ガン性物質がアメリカでは発見された。

日本では人的被害は出てないとされている。

日本は先進国で唯一ガン患者が増え続けている。

 - 健康法, 疾患