不妊症を改善したいなら、この考えを大切に・・・

      2016/12/18

はてな

FROM 河村悠矢

ご存知でしょうか?
日本人の10組に1組が
不妊症に悩まされているという事実を・・・

なぜこれほどまでに不妊症に悩まされる夫婦が
増えてしまっているのか?
その事実を考える上で大切な考え方を
今回はあなたにお伝えしたいと思います。

環境がすべてを変えた

不妊症の原因は、昔と変わってしまった環境が
すべてに影響していると言っても過言ではありません。
例えば、ファストフードやコンビニの普及が
完全な栄養不足を生みますし、
ストレスが増えたことも影響しています。
ネットが普及したことで、デスクワークが増え、
身体活動量が激減したことも関係するでしょう。
電化製品や乗り物からの電磁波が増えたことも
人体にとってはかなり影響しています。
というように、
原因を考えればキリがありません。

婦人科疾患の多さ

上記のようなことが原因となり、
婦人科疾患が増えていることも
不妊症に大きく関係していると言えます。
例えば、子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣嚢腫、
生理不順や無月経などです。
これら生殖に対する問題は、
直接的にも、間接的にも影響しています。
だからこそ不妊症も必然に増えてしまっているのです。

でも女性だけの問題ではない

不妊症=女性の問題だと
考えてしまっている世の中ですが、
実を言うと、男性に原因がある場合も
そう少なくはありません。
原因は、ほとんど女性と同じだと言えます。
何かの原因があり、その結果、
精子の状態(数が少ない、生命力がない)の悪さに
繋がっているからと言えます。

どのように改善すべきか

女性にも男性にも言えることは、
まず小さなことから見つめ直していくことが
非常に大切です。
不妊症の原因は、数限りなくあります。
だからやるべきことがたくさんあり、
とても無理だと考えるかもしれません・・・
しかし、逆に考えてみてください。
たくさんの方法があるからこそ、
いろんな方法からアプローチができるのです。
ただし、「ひとつやれば他がどうでもいい」
というようなことではありません。
あくまで大切なのは、小さな問題も
ひとつずつ改善させていくことです。

女性は冷え・便秘対策から始めよう

女性にとって、冷えは特に
気をつけなければなりません。
それは、卵子を構成するミトコンドリアが
低体温ではうまく働くことができないからです。
また、便秘を改善することは、食事の見直しにも繋がります。
冷えと便秘・・・
この2つをまずは整えていくことが
不妊症を改善させることに必要な体になります。
母親になるのは、そのような心掛けからです。
ぜひとも意識してみてください。

 お問い合わせはこちら

 - 疾患, 院長の整体ブログ , , , , ,