なぜ整体で改善できるの?不妊症改善のために持つべき視点とは?

      2016/12/18

320cce7780627c8fd4f6f1b499dfff87_s
前回、前々回に引き続き、
不妊症についてお伝えしたいと思います。
今回は、不妊症の改善を目指す上で
必要な視点というテーマでお伝えします。
不妊症が整体で改善できる理由もお分かりいただけるかと思います。

脳はほぼ全身をコントロールしている

つまり、指示を出すのは、ほとんどが脳の働きです。
時には神経を通じて、筋肉を動かす指示を出したり、
ホルモンを通じて、指示を出したりします。
今回のような精子形成に関する指示(ホルモン)は、
視床下部という場所から、下垂体という場所に指示した後、
下垂体から精巣へと初めて指示が出ます。
この間の指示はすべて、ホルモンという物質(手紙)が
血液によって運ばれてくることが必要なのです。

血液が循環することが第1の条件

細胞が生きるためには、血液が循環することによって、
栄養が運ばれてくることや老廃物が出ていくことが、
非常に重要な条件となります。
私たちの体は、60兆個の細胞からつくられていますから、
この細胞ひとつひとつが活性化されることが
健康になるために必要なことだということはお分かり頂けることと思います。
さらには、上記のように、血液によって運ばれるホルモンも、
循環がうまく行わなければ、分泌されても、
無意味なものとなってしまいます。

栄養管理は、食事だけでは不十分

現代社会において、食事によって
様々な毒素が体内へ入ってきており、
精子形成の他、アレルギーなどにも大きく影響していると言われています。
これらを避けるために、無添加・無農薬のオーガニック食品が
国内外で多く取り入れられています。
しかし、現代社会は特に、食事だけでなく、
それ以外のところ(主には皮膚からの経皮毒、鼻からの経気毒など)
からも毒素が体内へと入ってきています。
つまり、体へ入ってくる毒素をゼロにすることは
不可能に等しく、だからこそ、身体の仕組みから改善し、
自らが体を守れる力を身につけることが、1番必要なのです。

脳と内臓の機能を整える必要性

全身をコントロールする脳と、
栄養を吸収・消化し、血液を循環させる内臓が整うことで、
体の全て機能が回復・活性化することができるというのは、
意外と簡単に理解して頂けると思います。
つまり、どのような病気であっても、
症状であっても、何か原因があって、
その状態にあるわけですから、
その原因を取り除くべく、
脳と内臓の機能を整えることが、
不妊症の改善に、結果として繋がるわけなのです。
不妊症の原因として、精子形成に問題があったり、
つくられる精子に問題があったり、勃起不全があったり、
うまく射精が行えなかったり・・・
どのような病態であったとしても、
その全てにも原因があり、
その原因を取り除くことができれば改善できるのです。

脳と内臓。
そこから生まれる治癒力・・・
不妊症は決して恐れるものではなく、改善できるものでしょう。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました(^^)

 お問い合わせはこちら

 - 施術について, 疾患 , , , ,