アトピー改善には、〇〇を高めることが重要

      2016/12/18

105768FROM 河村悠矢

前回に引き続き、アトピーについてお伝えします。
今回は、排泄能力を高めるための方法を中心に、
アトピーの改善方法をお伝えしたいと思います。

排泄能力を高める方法

排泄能力といえば、排尿・排便、
そして発汗が大きな割合を示します。
特に排尿・排便は、体内の毒素の排泄機能のうち、
95%を担っています。
ですから、排尿・排便をスムーズに行える体の環境にすることがとても重要です。

腸内環境を整える

以前から何度もお伝えしている腸内環境の重要性。
これは、アトピーの方であれば特に重要だと言えます。
その要因は、排便に直結するということと、
免疫に大きな影響を及ぼすということです。
腸内環境が乱れることによって便秘になれば、
毒素の排泄がうまくできません。
逆に下痢であれば、栄養が吸収されず、
体力を奪ってしまいます。
どちらの場合であっても、腸内環境が乱れていれば、
そこでつくられる免疫は、異常をきたしやすく、
結果、アトピーをはじめとしたアレルギーを発生させてしまうのです。

腸壁を壊す糖・油・添加物

栄養を吸収するのは、小腸の役割です。
そして、その際に重要なのは、
しっかりと消化したもの、
つまり、小さくなるまで栄養素を分解した状態で
吸収することなのですが、これができない場合があります。
それがリーキーガット症候群と呼ばれる病態です。
このリーキーガット症候群を簡単に言えば、
本来は小さいはずの栄養素を通す穴が大きくなってしまうことで、
栄養素が大きな状態で吸収されてしまい、
栄養素を異物と間違えて、抗体反応を示す恐れのある病態です。
この病態をつくりだす原因となるのが、
精製された糖や油、そして食品添加物なのです。

臓器の機能低下も原因となる

例えば、解毒作用をもつ肝臓という臓器が弱ってしまえば、
体内の毒素は分解されにくくなります。
また、毒素を含む血液を濾過させて、
尿をつくりだす腎臓という臓器が弱ってしまえば、
毒素が体内を循環してしまいます。
これらは一例にしかすぎませんが、
臓器へ負担がかかってしまうことにより、
排泄能力にも影響を及ぼすと言えます。で
すから、臓器への負担は、極力避けるべきなのです。

体は統一されたユニット

以上のような説明を受けると、肝臓と腎臓、
腸の状態を良くすることが大切だと言えますが、
必ずしもこれらの臓器のみだけでは不十分です。
体は多くの臓器の集合体なので、
全てが異常なく働ける健康な体づくりが重要です。
また、臓器の機能低下だけにフォーカスをして、
お薬を服用する対処療法では、他の臓器が弱ってしまい、
結果、いたちごっこにしかなりません。
やはり、原因から改善していく根本治療が必要だと言えるでしょう。

本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました(^^)

 - 健康法, 疾患, 院長の整体ブログ , , , , ,