福山市 整体 【なぜ生理痛は起こるのか?】

   

yuya kawamura

FROM 河村悠矢
福山のデスクより、、、

本日もルリアン整体院のブログをご覧いただき、
ありがとうございます。

あなたが女性であるならば、
ひどい生理痛に悩んだことが
多くの場合、あるかと思います。
生理痛の多くは、
子宮内膜が
剥がれ落ちる際の
痛みなのですが、
それだけではありません。
事実、生理痛として、
腰痛を訴える方も
いらっしゃいます。

今日は、生理痛に悩む
女性のあなたへ
生理痛について、
お伝えしたいと思います。

生理(月経)とは?

女性は、ある年齢に達すると、
初経を迎え、妊娠できる状態になります。
その頻度は月に1(28日に1)であり、
これが生理(月経)と言われるものです。
妊娠するためには、
受精卵が着床しなければなりません。
そのため、子宮内膜を
フカフカの(ある程度の厚みがある)
状態に準備をするのです。
そして、妊娠しなければ、
内膜を剥がれ落として、
また次の機会に向けて、
子宮内膜をフカフカにします。
生理とは、月に1度の周期で、
これらのことが行われるです。

なぜ、生理痛が出るのか?

生理の際、子宮からは、
剥がれ落ちた子宮内膜と共に、
経血が排泄されます。
正常であれば、
ここでの痛みは
軽いものなのですが、
異常があれば、
痛みがひどくなってしまうのです。
それには、子宮の排泄を促すための
【プロスタグランジン】
という物質が関係しています。

プロスタグランジンとは?

プロスタグランジンという物質は、
主に子宮をより収縮させる働きがあります。
つまり、子宮が収縮しにくい状態であれば、
このプロスタグランジンが必要となるのです。
そして、このプロスタグランジンは、
上記のような役割の他、
痛みを感じる物質でもあるのです。

つまり、子宮の状態が悪ければ、
痛みを感じやすいのです。

子宮の状態は温度で決まる

子宮という臓器は、
ミトコンドリアが多いため、
温かい温度を保たなければなりません。
このミトコンドリアというのは、
細胞の中に存在する、
エネルギーをつくる器官です。
人は、ミトコンドリアが
働くことによって、
エネルギーをつくり、
生きることができますが、
ミトコンドリアは
温度が低いと
働かなくなってしまうため、
ある一定の温度が必要なのです。

血液の質・血流の良さが必要

生理痛は、以上のようなことから
痛みとして自覚しますが、
痛みだけが改善されても
あまり価値はありません。

重要なことは、体調が整い、
血液の質が変化することや、
血液の流れが整うことで、
子宮に対する負担が
軽減されることです。

生理は、閉経を迎えるまで
何十年も続くものですから、
この学びをいかして、
是非とも冷えないような工夫を
していただきたいと思います。

いかがでしたか?
今回の内容は少し難しかったと思います。
何かご不明な点がございましたら、
遠慮なくご連絡くださいね!

本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

P.S.

 

↓↓↓

http://wp.me/P7wnBi-i

ールリアン整体院
河村 悠矢

 お問い合わせはこちら

 - 婦人科系疾患, 腰痛, 院長の整体ブログ , , , , , ,