すべての慢性腰痛の原因は・・・

      2016/12/18

b304327ae6581a124e639f3c6a904471_s

FROM 河村悠矢
福山のデスクより、、、

本日もルリアン整体院のブログをご覧いただき、
ありがとうございます。

今日お伝えするのは、
慢性腰痛の原因についてです。
あなたがもし、
慢性腰痛に悩んでいるのであれば、
この考え方を知ることによって、
慢性腰痛への対策がわかります。
また、ご家族に
慢性腰痛の方がいらっしゃる場合は、
是非とも、教えてあげてください。

慢性腰痛の原因は“疲労”

まずお伝えするのは、
ズバリ、“疲労”についてです。
これは慢性腰痛の方はほぼ100%、
当てはまることだと思います。
また、慢性腰痛だけではありません。
慢性的に起こるものは、
言い返せば、時間を経てなるものです。
つまり、生活習慣から起こるのです。

生活習慣の“疲労”

あなたが思い浮かぶ“疲労”は
一体何が原因でしょうか?

・睡眠不足
・栄養不足
・過労(オーバーワーク)etc.

様々な“疲労”が思い浮かぶことでしょう。
では、疲労が起こると、
体はどうなるでしょう?

疲労は緊張を生む

スポーツを行った次の日や、
普段慣れないことを行った次の日、
筋肉痛を経験したことはありますか?
それはどういう感じだったか、
思い出してみてください・・・
どうでしょうか?
筋肉に硬さがありませんか?

簡単に言えば、これが“疲労”です。
そして、緊張とも言えます。

この姿勢が辛いから、、、

筋肉痛の日の姿勢は、
自然と痛みのない姿勢を探して、
楽な姿勢でいようとしますが、
これは一見すると、
おかしな姿勢になっていたりします。
怪我した時もそうです。
簡単に言えば、
“かばう”という言葉で代弁できますが、
この“かばう”を専門用語で言うと、
“反射”と言います。

お腹が痛い時の姿勢

あなたがお腹が痛い時・・・
お腹を抱えた姿勢になりませんか?
326155これもひとつの“反射”です。
この姿勢は、
お腹が痛いのを
“かばっている”のです。

体にはこのような姿勢をはじめ、
反射という、
悪い部位を自然とかばう機能が
非常に多く存在しています。

かばうことが多いほど重症

かばうことは何も
“痛みがあるから起こるもの”
とは限りません。
それは、無意識のうちに起こっており、
あなたが気付かないうちに
起きていることの方が多いのです。

そして、問題なのは、
原因をかばうことによって
そのかばっている部位を
次の部位がかばうという
負のスパイラル現象です。

この“かばいあい”が
いくつも覆いかぶさってしまうことで
慢性腰痛は引き起こされ、
治りにくい原因となってしまうのです。

日常から気をつけること

以上のように、生活習慣から
体に負担をかけてしまうことで、
その疲労は反射(緊張)を生み出し、
いたるところで緊張を生み出します。

つまり、
何か問題(原因となる疲労)があると、
みんながその原因をかばい合って、
結果、みんなボロボロになる、
そんなイメージです。
大切なのは、
【疲労を早くとること】
つまり、
【他の部位がかばう必要がなく、
原因の疲労が解決すること】が大切なのです。

だからこそ日頃から、

・睡眠をしっかりとること
・食事に気をつけること
・適度な運動を行うこと

以上の3つは最低限、
やっていただきたいと思います。
疲労を溜めないことの大切さ、
わかっていただけましたか?

本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

P.S.

疲労がたまって
自分ではどうにもできない・・・
そのような方はお力になれます!!

↓↓↓

http://wp.me/P7wnBi-i

ールリアン整体院
河村 悠矢

 お問い合わせはこちら

 - 腰痛, 院長の整体ブログ , , , , ,