紅白を見るより、知ってほしい【この時期特有の痛みの原因】

      2016/12/18

yuya kawamura

FROM 河村悠矢
福山のデスクより、、、

本日もルリアン整体院のブログをご覧いただき、
ありがとうございます。

12月になり、もう10日経ちました。
【師走】と呼ばれるだけあって、
毎日が駆け足の日々ですね。
そして、気候も冬らしくなってきました。
気温の低く、乾燥した空気によって
風邪をひいたりしていませんか?
1年を良いかたちで締めをくくるためにも、
体調には気をつけて頂いて、
充実した年末年始をむかえて頂きたいと思います。
さて、今日お伝えする内容ですが、
いまの気候に関するところで、
あなたの身体に
起きていること・起きやすいことを
お伝えしたいと思います。

乾燥した空気は身体に負荷となる

日本の冬といえば、寒さとともに、
湿度の低さ、つまり乾燥した空気が特徴的です。
この乾燥した空気というのは、
たえず身体に負荷を与えます。
それは、呼吸によって起きることですが、
呼吸をしなければ生きていけないため、
この乾燥による影響は、
避けて通れないものだと言えるでしょう。

口呼吸が気管支炎を生む

本来、私たちは鼻で呼吸を行い、
口で食事を行います。
(芸人さんは、鼻から
うどんを吸ったりしますが・・・)
つまり、鼻は呼吸器であり、
口は消化器であると言えるのです。
しかし、鼻炎を持っている方であれば、
口呼吸をせざるを得なくなり、
この乾燥した時期になると、
口呼吸から乾燥した空気が、
そのまま気管へと進入してくるため、
炎症が起こりやすくなるのです。

水分も不足する

夏に比べて、いまの時期は、
暑さを感じることがないため、
水分摂取の量も、自然と少なくなりがちです。
そして、その影響が、
免疫力を下げてしまうのです。
それは、血液の流れがドロドロになるためです。
さらには、外気が寒いとなれば、
皮膚は毛穴を閉じて、
汗(つまり、熱)を内側に留めようとするため、
老廃物もため込みやすくなります。
だからこそ、尚更、
血液を全身に送る心臓や、
キレイにするための腎臓といった、
臓器に負担がかかってしまうのです。

忘年会は要注意

これからお酒の席が増えるかと思いますが、
日頃の疲れとともに、この飲み会が重なれば、
腰痛をはじめ、様々な症状があらわれてくるでしょう。
身近なところでいえば、浮腫みや、
冷え、便秘といったものから、
首・肩・腰・膝などの痛み、
もちろん食べ過ぎによる胃痛もそうですが、
これらは、身体からの異常信号であると思った方がいいでしょう。

最低2リットルは排泄される

尿は1日に約2リットルほど作られ、
排泄されています。だからこそ、
2リットル以上は、摂取しなければ、
血液はドロドロとなるでしょう。
ですが、水を2リットル飲む必要は、
必ずしもありません。
食事からも、自然と水分は
摂取されているからです。
あくまで目安としては、
1.5〜2リットルぐらいだという事は、
知っておいた方が良いでしょう。
いかがでしたか?
季節に起こりやすい問題に加えて、
何か身体にとって負担となるイベントがあれば、
腰痛は引き起こされやすくなります。
痛みを引き起こす前に、
予防が何よりも大事ですから、
是非とも気をつけてくださいね。

本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

P.S.

症状が出る前に
治療はやるべきなのですが
そこに気づける方はごく僅かです、、、
もっと自分の身体に責任を持つべきだと
私は思います・・・

(共感できた方は是非ご覧ください)
↓↓↓

http://wp.me/P7wnBi-i

ールリアン整体院
河村 悠矢

 お問い合わせはこちら

 - 腰痛, 院長の整体ブログ , , , , ,