【注意】型にはめこんでも治るわけない。

      2016/12/18

id-10014151FROM 河村悠矢
福山のデスクより、、、

本日もルリアン整体院のブログをご覧いただき、
ありがとうございます。

あなたは、骨盤矯正という言葉を
聞いたことがありますか?

『腰痛には、骨盤矯正!』
『不妊には、骨盤矯正!』
『姿勢改善には、骨盤矯正!』

時代は骨盤だと言っているかのように、
どこの院でも行っている骨盤矯正は、
果たして腰痛をどこまで
改善させてくれるのか?
というところに着目し、
腰痛と骨盤矯正についてお伝えしたいと思います。

骨盤は中心部

骨盤は、人の体の中心部にあります。
ですから、骨盤が歪むことによって、
体全体に影響を及ぼすことは間違いありません。
しかし、ここで考えて頂きたいことが、
なぜ骨盤が歪むのか?
ということです。
そもそも、骨盤が歪む原因が
骨盤にないとしたら、
骨盤をいくら整えても、
すぐに元に戻ってしまうわけです。

骨盤の歪みは、何が原因か?

腰痛は、骨盤の歪みからくるものが
多いのは事実ですが、
骨盤の歪みが原発性ではありません。

原発性とは、『最初の・第一の』
という意味ですが、
事故などの急な変化でない限り、
ほとんどありえないのです。
では骨盤の歪みはどこからくるのか?
というと、その周りの臓器や、
筋肉が大きく影響しています。

骨盤周辺の筋肉

例えば、お尻の筋肉である、
大臀筋・中臀筋といった筋肉は、
非常に硬くなりやすい部位です。
それだけではなく、背中の筋肉である、
脊柱起立筋といった筋肉もそうです。

筋肉が1番良い状態は、
弛緩した(緩んだ)状態から、
瞬時に収縮(力を発揮)できる
状態になることですが、
筋肉が硬くなることで、
弛緩した状態がつくれなくなってしまいます。
これでは、本来の出力はできず、
循環も悪くなるため、
腰痛を引き起こしやすくなるのです。

骨盤内の臓器

骨盤の中には、
腸や、膀胱、生殖器などが存在していますが、
これらの臓器が疲労することで、
骨盤に対する歪みが生まれます。
また、これらのような内臓は、
自律神経という神経に支配されていますが、
その神経は、背中からきています。
ですから、内臓に問題が起きることによって、
背骨に影響を与え、
そして、筋肉に影響が加わり、
筋肉が硬くなるというわけです。

骨盤矯正だけではダメ

その方の原因がすべて、
骨盤の歪みであるならば、
骨盤矯正を行うことによって、
腰痛は劇的に改善するでしょう。
しかし、多くの場合は、
内臓疲労や筋肉疲労の場合がほとんどですから、
その原因となっている部位に対して
施術を行うことが大切です。
それを行わずして、
『骨盤矯正!骨盤矯正!』と、
型にはめてしまうのは、
その場しのぎの施術にしかなりませんので、
受ける側として、注意して頂きたいと思います。

いかがでしたか?

あなたの腰痛の原因は、
あなたの体にきかなければわかりません。
そして、その原因は、あなただけのものです。
その原因をわかることが、
まず、腰痛改善の1歩目になるでしょう。

本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

P.S.

あなたが腰痛なら
まずは当院へくることを
強くお勧めします、、、

↓↓↓

http://wp.me/P7wnBi-i

ールリアン整体院
河村 悠矢

 お問い合わせはこちら

 - 腰痛, 院長の整体ブログ , , , , ,