「膝が痛い」のに「膝は悪くない」理由

      2016/12/18

yuya kawamura

FROM 河村悠矢
福山のデスクより、、、

私の知っている膝が痛い患者さんは
今まで「治らないまま」でした。
あなたは損してませんか?

多くが治療家は間違っているんです・・・

女性に多い、膝の痛みは、
ほとんどの場合、膝に原因はありません。
にも関わらず、
多くの治療家は
膝ばかりをいじくりまわしています。
そして、治療をしようとしていることが、
逆に身体を壊している可能性だってあるのです。
では膝の痛みを改善するためには
何が大切なのか?
今日はこの点をお伝えしたいと思います。

膝はどういった関節なのか

膝の痛みの原因を知るには、
まず、膝のことを知らなければなりません。
膝関節は、どのようにして動くのか、
ここを知らなければならないのです。
一般の方であれば、
伸びたり・縮んだりといった、
一軸性の動き(ガラケーのような動き)
と捉えることでしょう。
しかし、膝関節は、
そのような単純な動き方ではありません。
実は、やや捻られながら、
伸びたり・縮んだりといった
動きになっているのです。
この動き方のことを、

スクリューフォームムーブメント
(screw home movement: SHM)

と言います。
つまり、捻られながら動いている、
というわけです。

股関節と足関節の間にある

膝は、股関節と足首の間に
存在していることから、
このSHMが崩れてしまうのは、
膝に問題があるのではなく、
股関節や足首に原因があると言えるでしょう。
つまり、
股関節や足首に
何らかの動きの制限があることで、
結果として、膝に問題が起きてしまう、
というわけです。にも関わらず、
多くの治療家は、
膝ばかりを治療しようとしてしまうのです。
これでは、良くなるはずもなく、
良くなったとしても、一時的なものでしょう。

正直、腹が立っています

多くの治療家という表現には、
全ての治療家といっているわけではないことを
充分にご理解頂ければと思います。
もちろん、大変勉強熱心な先生方であれば、
当たり前のように、
この考え方を知っており、
必要な治療を行うことでしょう。
しかし、問題は、
「知らない治療家」です。
何も考えず、膝をいじりまわして、
治らない理由を、患者に言って、説得する・・・
私の知っている膝が痛い患者さんは
そのせいで治らず、
悩まされ続けていました。

腰痛だって同じこと

治療家が結果を出す(治す)ためには、
学び続けなければなりません。
しかし、これは患者側の立場にしても
全く同じことが言えます。
腰痛の原因を知っても、ケアを怠ったり、
治療院へ通うことを先延ばしにするほどに
問題は膨れ上がります。
やはり、気づいたときには即行動し、
失敗から学んで、より健康を目指すことが
何よりも大切なことだと思います。

本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

P.S.

「セルフケアでは補えない」
そう思ってるあなた、、、
だからこそプロがいることを
覚えておいてください。

↓↓↓

http://wp.me/P7wnBi-i

ールリアン整体院
河村 悠矢

 お問い合わせはこちら

 - 院長の整体ブログ , , , , ,