広島 福山市 整体 【正月に気をつける、たった2つのこと】

   

yuya kawamura

FROM 河村悠矢
福山のデスクより、、、

本日もルリアン整体院の
ブログをご覧いただき、
ありがとうございます。

お正月、いかがお過ごしでしょうか?
お酒を飲んで、
お雑煮を食べて、寝正月・・・
そんな方も多く
いらっしゃるのではないでしょうか?

さて、今日は
そんなあなたに是非、
気をつけて頂きたいことを
お伝えしたいと思います。

「仕事始めに、腰痛が・・・」

仕事始めは4日からの方が多いため、
休みは今日・明日の
2日間ぐらいかと思います。

「今年も1年、頑張ろう!」

そう意気込んでも、
体がなかなかついてこない・・・
それだけは避けたいところですよね。
特に、仕事の始めの大切な1週間目に、
「腰痛が出てきた」なんて状況は
あってはなりません。
そうならないために、
この休みの過ごし方は
非常に重要となってきます。

何事もほどほどに

お酒にしろ、お餅にしろ、
「正月休みだから」を理由に、
普段よりも多く食べ飲みしがちです。
しかし、ここに注意しなければならない
罠が仕掛けられています。
何事も言えることですが、
やりすぎは良くないのです。

内臓疲労から“腰痛”に

暴飲暴食は、体にとって
とても負担になることを
あなたは知らなければなりません。
人は多くのエネルギーを
“消化”に費やすため、
暴飲暴食を行うことは
体を疲れさせていることと同じです。
それは、消化する過程に
隠されています。

消化は重労働である

食物を消化するには、
膨大なエネルギーを必要とします。
つまり、消化が悪いものや
食べ物の食べ過ぎは、
絶えず体を追い込んでいるのと
同じなのです。
せっかくの休みに、
普段の疲れを癒そうと
ゆっくりすることは
良いのですが、
そこに暴飲暴食が加われば
休むことはできていませんから
あなたは疲れていく一方でしょう。

まずはよく噛むこと

内臓に負担をかけない
つまり、消化しやすくするには
2点のことを気をつけて行ってください。
ひとつは、よく噛むことです。
胃や腸では、消化酵素によって
分解されるものも、
まずは、小さく噛み砕くことで
かなり消化しやすくなるのです。

水を飲みすぎない

食事と共に、水を飲む方は
当たり前ですがいらっしゃいます。
もちろん、飲み込む(嚥下する)のが
楽になるのは言うまでもないでしょう。
しかし、いざ消化することを考えると、
水を飲みすぎてしまうことにより、
消化不良になりやすくなります。
水も吸収されるには
ある程度の時間を要するため、
極力、水と食事は
時間をずらすことが
望ましいでしょう。

以上の2点、
・よく噛むこと
・水を食事中、取りすぎないこと
を意識してみてください。
そうすれば、
食べ過ぎ・飲み過ぎは
ある程度、歯止めが利きます。
(それでも食べたい、
飲みたい方は自己責任で・・・笑)

残りのお正月も、
幸せな時間を過ごし、
仕事始めには、
万全な状態でスタートできるよう、
体調管理をしてくださいね。

本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

P.S.

正月休みで
体質が変わることもしばしば・・・
「何か、おかしいな」と思えば
はやめの治療をオススメします。

↓↓↓

http://wp.me/P7wnBi-i

ールリアン整体院
河村 悠矢

 お問い合わせはこちら

 - 健康法, 整体, 腰痛, 院長の整体ブログ , , , , , ,