健康意識を高めよう!

      2016/04/05

前向きな表情

FROM 河村悠矢

今回は、生活習慣について、考え直すための記事にしました。

中には、簡単なワークを入れていますので、

新たな気づきと共に、

自分を見つめ直すきっかけ作りになればいいかなと思います。

 

さて、あなたは“生活習慣”と言われると、

何が思い浮かびますか?

食事?睡眠?お仕事?などなど・・・

生活習慣は人それぞれあると思います。

「毎朝、朝日を浴びながら歩くようにしています!」

そのような方は、運動も生活習慣の1つです。

 

では、その思い浮かぶもの全てに、点数をつけてください。

今日の睡眠の点数は?

食事の点数は?

ルールはありません。

・・・どうでしょう?

少しいきなり過ぎましたね・・・笑

 

しかしこれは、すごく大切なことを気付かせてくれるワークです。

 

点数をつけることにルールはありません。

他人の意見を聞き入れることなく、

自分の価値観で、点数をつけることによって、

自分は「何を大切にしているのか?」がわかります。

 

例えば、お昼の食事に点数をつけるとすると・・・

A.オープンしたばかりの店のランチを食べた。100点だ!

B.自分で栄養を考慮したお弁当を食べた。100点だ!

 

その人が「何を大切にし、何を評価するか」によって、

自己評価の点数は違ってきます。

また、性格の面も影響することと思います。

完璧主義者の方であれば、厳しい点になり、

楽観的な方であれば、「全部100点!」となるでしょう。

人の性格や価値観によって、生活習慣は全く異なるのです。

上の例で言うと、そもそも比べようのないものなので、

どっちが正解とは言えません。

その日の目的によって異なることもあるでしょうし、

要因が様々なので、一概には何とも言えません。

あくまでここで紹介するのは、健康になるための方法なので

統一するために、「どれだけ健康を意識できたか?」

という、ルールをつけましょう。

 

では、改めて、自己評価してみてください。

 

食事は何点でしょうか?

睡眠は何点でしょうか?

あくまで自己評価ですので、

客観的な評価を言うと、キリがありませんが、

まずは、この自己評価を上げることから、

健康を意識し始めるといいでしょう。

 

中には、「〇〇だからできません。」という方がいらっしゃいますが、

それは別に構いません。

「できる範囲」で「無理をしない」ことが大切です。

 

そして、健康に対して自己評価をするだけでも、

「もっとこうしてみようかな」と思えるきっかけになります。

 

 

そこから興味を持ったことがあれば、

健康法を実践してみるといいでしょう。

自分にあった健康法を見つけ出せたとしたら、

それはすごく財産になります。

 

「今できることを健康のためにやる」

 

正しいか、正しくないかを判断することは難しいですが、

まずは「健康になりたい!」自分を作っていきましょう。

 

まとめ

健康であることは、とても大事なこと。

でも「何から始めていいかわからない・・・」ということが多くある。

まず最初に行うことは、方法を探すことではなく、

自分の健康に対する自己評価を考えることが大切。

そして、足りないところはどうしたらいいのか考えて、

興味が持てるとこから調べて実践してみると良い。

 

 お問い合わせはこちら

 - 健康法