元気になるためには、食べない?!

      2016/04/19

はてな

FROM 河村悠矢

今回は、食事の重要性にフォーカスして、

記事を書いていきたいと思います。

前回の記事を読まれたいない方は、

健康な身体づくりの一歩目は・・・からご覧ください。


 

さて、早速ですが、内容に入っていきます。

食事の重要性と言えば、誰もが知っていることでしょう。

私も幼い頃から

「風邪をひいたらしっかりと栄養をとりなさい」

というように言われてきました。

食べたものから体は作られているため、

人は食べるということを基本は毎日行います。

しかし、最近では、ファスティングという、

健康法が流行になってきています。

あなたは“ファスティング”をご存知ですか?

ファスティングとは所謂、断食を言います。

「食べないと体調を崩すのでは?」と

思われるかもしれませんが、この逆であり、

腸が休息をとることによって、

体は元気になるのです。

簡単な例え話をします。

あなたは明日から1年間、

「GWも、お盆も、正月も、休みなく、働いて欲しい」

と上司から言われたとします。

どうでしょうか?

絶対に断りますよね笑

まず、体力的にも精神的にも無理でしょう。


 

では、同じことを腸で考えてみてください。

あなたが休んでいる時も、

食べれば食べるほど、腸はせっせと働き、疲労状態になります。

この状態では、せっかくの栄養も吸収できません。

さらには、消化することも負担になります。

だからこそ、ファスティングは必要なのです。

さらにはこのファスティングを行うことで、

実は腸内環境を整えることにもつながります。

腸は本来、消化と吸収に働きますが、

吸収することがなければ、消化に全力を注ぎます。

そして、腸内が空っぽの状態になれば中の状態を

整えようと掃除を始めるのです。

この掃除を専門用語で、デトックスと言ったりします。

あなたが掃除を定期的に行うことと一緒で、

腸内も定期的に掃除することが望まれます。

これだけ聴くと、

やってみようかなと思われるでしょうが、

ファスティングはこの腸内のデトックスに加えて、

体脂肪も燃やします。

これは、一時的な体内の栄養が不足するため、

普段から蓄積している脂肪をエネルギーとして、

使い始めるのです。

脂肪は運動をしてもなかなか落ちませんが、

ファスティングを行うことで、

比較的簡単に落とすことができます。

 

腸内も整い、脂肪を燃やせるファスティング。

やってみたい!と思って頂けたかなと思います。


まとめ

食べることは基本的に毎日行う。

しかし、それによって腸は疲労する。

腸の休息方法を“ファスティング(断食)”という。

ファスティングは同時に脂肪を燃やすことにもつながる。

 

 お問い合わせはこちら

 - 健康法