元気になるには、飯を食うな!?

   

bd7944bf815ed942b5f2939142781eea_s
FROM 河村悠矢

今回は前回の内容に関連したお話し、
腸や消化に関連したお話しをしたいと思います。

「腹八分目に医者いらず」

これは、実際にある慣用句のひとつです。
昔の方が考えた慣用句は、
わけのわからない例えの言葉もありますが、
意味を知ると納得するものばかりです。
この慣用句もそのひとつ・・・
先人達の長年の経験は、
最先端の研究が進む現代にも勝る内容です。

「無理な食事」はよくない

風邪などの体調を崩した時に、
あなたはどのように過ごしてきましたか?
「無理にでも食べて、栄養を摂りなさい!」
なんて、よく聞く言葉ですよね。
あなたもよく口にする言葉ではありませんか?
でも本音を言うと、あまりよくないのです。
それは消化の仕組みを知るとわかります・・・

消化=フルマラソン!?

実を言うと、消化に消費するために
体は熱、つまりカロリーを消費します。
簡単に言えば、体力を必要とするわけです。
なので、体調不良の際に
消化の良いものを食べることは理に適っているのです。
実は、この消費に使うカロリーは、
フルマラソンと同じぐらいのカロリーが必要であり、
1600kcalとも言われるほどです。

食べてスタミナを尽けようって本当?

ここまでの内容で十分にご理解頂けると思いますが、
スタミナ定食や、焼肉でスタミナを!なんてありえません・・・
正しくは、スタミナ奪う定食であり、
スタミナを犠牲に肉を食べよう!ということです。
本来は、真逆なのです。
スタミナ=無駄な消費をしない、
つまり、消化しやすいものが1番スタミナ食なのです。

現代人はミネラル不足

現代人の多くはパンを好み、
大食いで、甘いものを好む傾向にあります。
そして、そう言う人に限って言う言葉は
「そんなこと言ったらキリがない!」と
逆ギレするのがいいところです。笑
その方たちの共通点は、
間違いなくミネラルが不足しているということ。

そんなことどうやって証明するの?って、
骨粗鬆症、結石、筋痙攣などが代表的ですし、
動脈硬化もそうです。
それこそキリがありません!笑
自らを守るには、何か特別な意識を
持たなければならないのです。
少なからず、この記事を読んでいただいている
意識の高いあなたは
そうではないことを望みます・・・

腹八分目が健康をつくる理由

ミネラルは、亜鉛や鉄、マグネシウムといった
硬い金属からなるため、
酸で溶かさなければ吸収できません。
そのため、お腹一杯に食べることで
せっかくの酸が中和されて消化できず、
結果として吸収できなくなってしまうのです。
だからこそ、
「腹八分目に医者いらず」
は本当に言えるのです。

本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました(^^)

 お問い合わせはこちら

 - 健康法