マッサージを安易に行ってはいけない!?実証された筋損傷・・・

   

99f909146e5f966ead98d6d01ad9879f_sFROM 河村悠矢

あなたは普段、マッサージ店を
利用することがありますか?
また、そのマッサージを行う目的は、慰安・娯楽でしょうか?
だとすれば、マッサージ店のリスクをご存知でしょうか?
今日は、そのような内容をお伝えしたいと思います。

マッサージ=施術・治療ではない

あなたが肩が凝る、首が痛い、腰が痛いなどの症状がある時、
利用する施設はマッサージ店ではないでしょうか?
また、接骨院や整形外科へ行ったとしても、
施術や治療として、マッサージを行われてはいませんか?
マッサージと言っても、その方法はいくつもありますが、
事実、マッサージを行うことによって起こる、
【揉み返し】は身体に対する負担がかなり大きいのです。

揉み返しは、筋繊維の微細な損傷

揉み返しが起こる原因をあなたはご存知でしょうか?
また、筋肉が緩まるためには、仕方のないことだと思っていませんか?
揉み返しは、筋繊維の微細な損傷によって引き起こされます。
身体を良くするために行ったマッサージが、
逆に身体を壊しているかもしれないのです。

深層筋には絶対に届かない

マッサージを行う中で、特に注意すべき点は、
強刺激によるマッサージを受けることです。
強刺激は、時として、筋肉の作用を停止させる、
所謂、麻酔のような目的で行うことはありますが、
これは、身体を良くするということよりも、
脳を騙しているという表現の方が近いと思います。
つまり、症状を一時的に柔らげる効果はあるかもしれませんが、
逆に、悪化させるリスクも多くあるわけです。

続ければ良くなる?わけがない

あなたが仮に、何かの症状をお持ちだったとします。
そこで、強刺激によるマッサージを受け、
その場で痛みが軽減しますが、
次の日もしくはその日の夜には元の状態に戻っている・・・
その時、あなたはどう思うでしょうか?
マッサージを続ければ良くなると思っていませんか?
上記のように、一時的な効果というものは、理に適っていません。
つまり、続けても変わらず、
むしろ悪化してしまうかもしれないのです。

人は変化を嫌う

人は、普段の状態が正常だと認識します。
ですから、急な変化を嫌うのです。
場合によっては、良い状態になることさえも、身体は拒否します。
ですから、身体を良くするため、
症状を改善させるためには、
理に適っていることを定期的に行うことが1番だと言えるのです。
あくまで、一瞬で取れた痛みは、
すぐ元に戻ってしまうことが多いというわけです。
また、強刺激によるマッサージは、筋損傷を引き起こし、
揉み返しという状態を作りますが、
この揉み返し後には、疲労物質が蓄積しやすく、
さらに症状が重くなる可能性もあるため、極めて注意が必要です。

いかがでしたか?
マッサージを安易に続ければ、症状は改善されるどころか、
悪化する恐れがあるため、もし仮に行うのであれば、
慰安・娯楽の目的として、行って下さい。
また、症状が悪化する可能性もあることを知った上で、
それでもやりたいという方は、行くべきですが、
本気で症状改善に取り組みたい方であれば、
決してオススメはできません。
あなたが正しい選択を出来るように、
今日は以上の内容をお伝えさせて頂きました。

本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました(^^)

 - 健康法, 施術について