ギックリ腰は疲労の積み重ね!その病態を生む原因とは?

      2016/12/18

1d615654a17f9caf954e90c9f2e1af79_s

FROM 河村悠矢

誰しも聞いたことのある『ギックリ腰』。
あなたも間違いなく、聞いたことのある言葉だと思います。
正式名称でいう急性腰痛症は、なぜ起こるのか?
そして疲労の積み重ねとは?を細かく説明したいと思います。

重い物を持ち上げる、その瞬間・・・

ギックリ腰の一般的な発症の瞬間と言えば、
重い物を持ち上げる瞬間だと言われます。
あなたももしかすると、体験されたことがあるかもしれません。
物を持った時に、ピキッ!と
電気が走ったように腰が痛み始める・・・
その瞬間に『腰を痛めてしまった』
そう思われることでしょう。
普段は持てる重さの物なのに、
今回は痛めてしまった。
そのような場合が多くみられます。

なぜ筋肉が急に痛みを感じるのか?

普段は持てる重さの物であるのに、
健康なはずの腰を、
なぜその瞬間に痛めてしまうのでしょうか。

筋肉が痛みを発するのは、
損傷が起きているからです。
所謂、小さなレベルでの筋断裂という状態です。
筋肉が傷をつくため、
修復しようと働く体の仕組みが“炎症”です。
熱を持ち、腫れをつくり、痛みを感じるのです。
しかし、これは悪いことではありません。
問題は、なぜ損傷が起きてしまったのか
という原因にあるのです。

疲労の積み重ねが今をつくる

人の体は様々な細胞が今この瞬間も、
死んでは生まれ変わりという、
入れ替わりながら今の体をつくっています。
常に新しい細胞、組織に変化をしているのです。
しかし、筋肉や神経といった細胞は、
その生まれ変わる時間が他の組織よりも遅いので、
修復するにも時間を要します。
本来、疲労があっても、
自然と修復しながら生きているため、
問題になりませんが、
修復よりも疲労が多くなってしまった場合は、
その疲労が積み重なって、症状の原因となるのです。
今回の場合でしたら、ギックリ腰ですが、
過去から今現在にかけての疲労があるからこそ、
ギックリ腰を生んでいると言えるのです。

食事とも深く関係する?!

ギックリ腰になるのは
疲労の積み重ねだと言いましたが、
疲労というと、働きすぎや、寝不足
などと思うことでしょう。
しかし、それだけではありません。
食べ過ぎ・飲み過ぎによる内臓疲労が
実はかなり大きく影響します。
また、偏った栄養の食事によって、
便秘になることも内臓疲労になります。
そして、内臓が影響する場合は
非常に多くみられるのです。
内臓疲労を起こす原因は様々ですが、
そのひとつに食品添加物や、
農薬の問題が挙げられます。
これらが表立った症状として現れるには、
長年の月日を要しますが、
目に見えない影響として、
内臓へは大きな影響を与えているのです。

まとめると、
ギックリ腰は日頃の疲労の積み重ねであり、
特に現代においては、内臓疲労になることによって、
ギックリ腰を誘発しているのだということです。
あなたの普段の食生活が今の腰に影響しているかもしれない・・・
という事実を知った上で、
今一度、生活を見直してみてはいかがでしょうか。

本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました(^^)

 お問い合わせはこちら

 - 腰痛, 院長の整体ブログ , , , , ,